アムンゼン

変わり織りの梨地織物をいう。もともとは梳毛織物(そもうおりもの)で、梳毛糸を使って織ったもの、組織は密なものが多く丈夫で光沢があり、あまり地厚でない軽めのものが多い。

また、捺染(なせん)ができないとされていた毛織物がこの組織を作るのが可能であることを発見されて、愛知県尾州(びしゅう)で、開発が成功したのが始まり。

探検家のアムンゼンにちなんで命名された。綿、毛、ポリエステルなどの、しぼのある梨地織の変わり組織をアムンゼンと呼ぶ。

SPONSOREDLINK

人気の美脚魅せパンプスやトレンドのデニムITEMや、送料無料・セール企画なども随時開催中