サブリナパンツ

Pocket
LINEで送る

ふくらはぎからくるぶし丈ほどの、ぴったりフィットしたパンツスイルのこと。サブリナパンツは、1954年に公開された映画「麗しのサブリナ」で主演女優が着用していたパンツスタイルだ。

多くの女性たちがこの、腰からくるぶしまでがぴったりとした細身の七分丈のパンツルックを真似た。映画の原題「Sabrina」に由来する。

流行が過ぎると夏の定番アイテムとして普及。当初の映画内では黒いパンツだったが、無地でもさまざまな色が用いられ、プリント柄、ギンガムなどのチェック柄まで幅広いバリエーションが生み出された。

SPONSOREDLINK

人気の美脚魅せパンプスやトレンドのデニムITEMや、送料無料・セール企画なども随時開催中